WORKS

Fresco 超初級操作:レイヤーの非表示化とレイヤーマスク

レイヤーの非表示化とレイヤーマスク

先日からアドビフレスコを使用するようになりました。

今回は、レイヤー関連の超初級操作方法をお伝えします。

今回は、このTokyoと書かれたイラストをもとに制作していきます。

レイヤーの非表示化

frescoでは、レイヤーごとに表示、非表示を選択することが出来ます。

これにより、編集作業がとてもしやすくなります。

1 非表示にしたいレイヤーを選択

2 右にある、目のアイコンをタップ

すると、目のアイコンに斜線が入ります。これでこのレイヤーは非表示になりました。

再度表示したい場合は、もう一度目のアイコンをタップすると元に戻ります。

レイヤーマスクの設定方法

レイヤーマスクはとても便利な機能です。

レイヤーマスクは、その名の通り、レイヤーにマスクをかける機能です。マスクをかけると、マスクがかかった部分は編集が適用されなくなります。

言葉を難しく感じてしまいますが、1度理解できるととても便利なので、この機会にぜひマスターしましょう。

先ほどのTokyoを再度使っていきます。

1 目のアイコンの下にある「・・・」をタップします

2 「レイヤーコンテンツにマスクを適用」をタップ

3 変換をタップ

4 レイヤーの描いた部分以外が赤くなり、レイヤーの左に黒の点が表示されていれば、レイヤーマスクの完成です。

これで赤くなった部分には、色や模様が一切適用されなくなり、文字部分のみの編集が可能になります。

レイヤーマスクでは、

赤色(左に黒丸)のレイヤー・・・マスクが適用される部分の編集が可能

白色(右に黒丸)のレイヤー・・・実際に編集をするレイヤー

という位置づけになります。

レイヤーマスクの使用方法

文字の色を一括変更

先ほどのレイヤーマスクを適用したレイヤーを右に向かってタップすると、レイヤーマスクを適用する前のレイヤーが表示れます。

それと同時に黒い点もレイヤーの左側から、右側に移動します。

この状態で塗りつぶしツールを選択し、変更したい色を選択してから画面をタップします。

すると文字のみの色が一括で変更されます。

さらに様々な効果をつける

先ほどは、塗りつぶしツールで色を変更しましたが、今回はペンツールで文字に縞模様をつけます。

1 ペンツールを選択、色味を選択(今回は赤を選択)

2 縞模様を加えたい箇所に自由に描写

元の緑色に赤が加わり、濃緑の縞模様が描写出来ました。

レイヤーマスクが設定されているので、文字をはみ出しても、インクがはみ出る事はありません。

いかがでしたでしょうか。

レイヤーマスクを活用して、frescoをどんどん習得していきましょう!

ABOUT ME
Aru
Tokyo, Design, Architect, Illustration, Lifestyle 動物と植物が好きです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です