IOT

MUJIを使った災害対策 [ IOT Blog #005 ]

🌇きっかけは会社で防災訓練を行い、、、

つい先日会社で防災訓練を行いました。

実際に、地震が起きたと仮定し

1地震発生時にとるべき行動、

2地震が終わったからとるべき行動

をデモンストレーションしてグループごとに意見を言い合いました。

他にも会社にはどれだけの備蓄があるなどの話も伺いました。

どうやら、会社には、災害発生時に一人当たり三日間生き延びられる量の食事と水、そして持ち運べる用のリュックや生活必需品が備蓄してあるらしい、、

その時ふと思ったのが、「今家には備蓄あったっけな?」

恐ろしいことに我が家では、地震が起きてから災害用のグッズを何一つ設備していなかった事に気づきました。

✏️mujiの「備えるセット」がとっても便利

先日出かけた無印で見つけた災害用グッズがこれです。

全部で15このグッズがセットになっているパック商品です。

ヘッドライトや、キャンドル、マスク、サコッシュなどが入っています。

中でも購入の決め手となった製品が3つありました。

「非常用トイレセット」「エマージェンシーシート」「軍手」の三つです。

「非常用トイレセット」は、水道が使えなくなった時に自宅の便座に取り付けて使用することができます。

自宅のトイレに取り付けられるのが、非常用なのにとてもありがたい、、!

エマージェンシーシートは、体温を保温できるシートなのだけれど、最近は、夜間だけとても冷え込む日が続いている割りに冬のコートが出せていないので、これ一枚でさっと暖かく慣れるのはとても便利だなと思いました。

❗️部屋の場所を取らない防災対策BOX❗️

最後に防災グッズの収納場所について。

我が家は1Kでかなり狭いので、防災グッズで場所を取るのが嫌だなと考えていたのですが、その問題が解消できる事に気づきました。

「BOXに収納して、ベランダに置いておけばいいのです」

使用するボックスはこれに決めました。

人が座れる程に頑丈な上に値段も高くなく、見た目もオフホワイトでスッキリとしています。

サイズは(大)と(小)と(特大)があります。

私たちは二人暮らしなので(大)か(小)で迷いましたが、水などを数本入れることを加味して(大)を選びました。

まだまだ中身に余裕があるので少しづつ食糧なども足して行こうと思います!